映画バカ!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動は色褪せません、 「レナードの朝」

泣いちゃった映画、心に残る映画、
沢山あると思いますが、私が確か中学生の時に見た映画”レナードの朝”は
何度見直してもいい映画だなあと思う。

若き日のロバート・デニーロとロビン・ウィリアムスが豪華共演!!
デニーロ扮する原因不明の病気を持つ病人に、誠実な医師ロビン・ウィリアムスが何とか、原因を見つけて治そうと試みるのですが。。。

感動する場面はたくさんあります。

デニーロが初めて目覚めた朝。
ロビン・ウィリアムスが苦悩の末、看護婦さんと交わす会話。
デニーロが恋した女の人と食堂でチークを踊る場面。

何十回も見ましたが、毎回心にじーんとくるものがあります。

これは実話です。
カナダのどこか田舎の病院で起こった出来事です。

一生懸命生きようとか、誠実に人と接しようとか、ついつい頭から入ってしまいがちな毎日ですがこれを見ると人間が持っている本来ある力を信じて生きていくことが今の世の中は必要なのかなと思わされます。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。