映画バカ!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に人を愛したら。 「キャスト アウェイ」

「キャスト アウェイ」はトムハンクスの代表作の一つです。

テーマは”無人島での生活を余儀なくされた現代人がどのように生き延びていくか、そして成長するか”

だと、思うのですが、私の中ではこれは究極のラブストーリーだと思っています。

主人公、チャック(トムハンクス)は飛行機事故で無人島に一人流されてしまします。その時、彼には将来を約束した女性がいました。その女性のことだけを考えて、島での過酷な生活を生き延びていきます。通りかかった船に助けられて、女性に会うことができたのですが、時は過ぎ、彼女は既に結婚しています。

彼女を訪ねたとき、彼女は”You said you will be back" 「空港ですぐに帰るって言ったじゃない」と彼に言います。彼は何も言い返せません。

彼女の気持ちはすごく複雑です。彼もすごく好きだけど、今の生活も貴重。
迷った末、雨の中、見送ったチャックを追いかけ彼の車に乗り込みます。

でも、何も言えません。
彼も何も言えません。

最後に彼が”You should go now"「家族が待っているからもう行ったほうがいい」

と言います。

ここでの二人の名演技には毎回泣かされます。

無人島なんて関係ない。それはただの設定であって、一番重要なのはここ。
彼は彼女を本当に愛しているから手放したのです。
きっと、ここで彼女を連れ去ることはできたのですが、それはしません。
彼女も彼に最後の決断を委ねています。

私はこの映画はこの場面の為に作られたのではないかと思っているくらいです。

本当に人を愛したら、その人が一番生きやすい方向に進ませてあげるのではないでしょうか?
彼にとってみれば、無人島で一生懸命生き延びようとした原動力になったのが、彼女なくらい、彼女は大事な存在でしたが、きっとそれを後回しにできるくらい彼女を愛していたのだと思います。

あ~、切ない。
私は映画を見なくても、この場面を思い出すだけで胸が苦しくなるくらいです。

しかも、今超安い


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。